アクセス解析 朝海ひかるをまったり語る

朝海ひかるを語る

最初は大嫌いでした

いわゆる僕のなかでの宝塚黄金期は
まだ4組だったころで
花組は安寿ミラ〜真矢みきトップ時代の
せいもあってか、
朝海ひかるも同期の
春野寿美礼の影に居る程度で
全然意識したことなかった。

しばらく宝塚を離れていた時期に
コム(朝海)がトップになったと聞き、
「コムってだれ・・・?」と
本当に全然知らない子がトップに
なったなぁと思ったほど
意外すぎた。

成瀬こうきを好意的に応援してたから
(でも久世星佳が辞めた後
宝塚そのものに興味なくなったんで
その程度の応援である)
彼女がコムに負けて退団してしまい、
コムが大嫌いで
しばらく全然雪組をテレビ放送も
見なくなってしもた。

コムが宝塚辞めた後でようやく
その頃の雪組の舞台映像も
見れるようになったんだが、

「ああ、我ながら視野が狭くなってたなぁ」

と、どうしてコムが
トップになったかも
思い切り分かってしまったのだ。
当時、トップ〜〜5番手くらいまで
ちびでもっさりして
良くも悪くも昭和くさい香りな
雪組のなかで
1人明らかに異質というか
妖艶で魔性の色気で、
小柄なのにそれが気にならないと
本当に独特の魅力で
これがコムの最大の武器だったんだなと。

もうすぐスカパー無料放送で
雪組ベルサイユのばらが
放送するんで、コムオスカルとか
見てみてくださいな。
フィナーレナンバーの
「美しき化け物」な魅力なんか
本当にすごいんで。
中山優馬にも似ているから
好き嫌いはっきり分かれる顔だけれど、
コムの化け物な魅力は
間違いなく他のどの男役も表現できない=
トップになるべき個性だった。

 

(書いた日付 2014年10月24日)

倉本郁13歳 好きなものはお肉

玄関に戻る