内海敏彦さんをまったり語る奇跡の天才子役

内海敏彦をまったり語る

内海敏彦さんの近況などご存じの方いましたら
なんでもいいのでご連絡ください

田口翔大くんコグマスカイブルー佐久間小太郎ショタ可愛い

時代劇専門チャンネルで「大江戸捜査網」が
あるので彼見たさに加入したが

第9話 裏切り者の子守唄の感想

朝から大江戸捜査網みてるが
声ですぐ分かった!

声ですぐ分かった!

内海敏彦くん、可愛いなぁ可愛いなぁ。
時代劇のちょんまげでも可愛いし
演技も安定しているし。

1973年ということは8歳の時。
8歳でこれだけできるの??????
勿体ない子だなぁ。
なんで引退しちゃったんだろう
なんで引退しちゃったんだろう
神木が8歳の時でもここまでできなかったのに。

べたな話だと思ったが育ての父が
生みの父じゃない話だったなぁ。
やめてくれぇって育ての父ちゃんを
かばう演技うまいなぁ。

「違うよ、おいらのおとうはここにいる、おとう!」

結局生みの父じゃなく育ての父を選んで
生みの父は去っていく話だなぁ。
無実の罪をきせられて
恋人も息子も失って切なすぎる話だが
これで終わりというのも
世の無常というか時代劇の切なさだなぁ・・・。

予想以上に出番多くて嬉しかった。
この後、すぐまた別の役で再登場するんだけど
杉さまよほど気に入ったんだろうか??

第14話 辻占は殺しの暗号

むくりん

ついに今日は時代劇専門チャンネルで
内海敏彦さん出演ふたたび。
こんな短期間で連続出演って
杉良太郎さんに絶対好かれたんだろうなぁ。

いきなり登場。

しかも辻占いだなんて。可愛すぎる!!!

つい5回前は「おいらの父ちゃんはこっちだ」と
可哀想な話だったのに
こっちはこっちでおじいさん殺されるし!

殴られて斬られて、大変な役だなぁ。
他の子役がすごい棒読みにくらべると
やっぱり内海敏彦さん、お芝居が上手。

今回、杉様お忙しかったのかなぁ。
冒頭だけでいきなり旅にでかけたし。
内海くんにおはぎあげてイチャイチャイチャイチャ
してる姿が微笑ましい。

おや 前半だけの出番かと思ったら
謎の女性が彼を見て驚いてる。
たぶん生き別れのお母さんだろうなぁ??

勘のいい子で現場でセリフが急に変わっても
すぐ対処してくれたってわかる。
だから中学から慶應義塾に進んで
引退してしまったんだろうなぁ・・・。切ないなぁ。

ちょうど5話前と同じ監督だから
監督が気に入ったから連続出演させたかな。
というか前回も大きかったが
今回はもっと大きなキーマンの役だなぁ。

おじいさんを殺して自分に暴力ふるった相手に気づき
地下室に閉じ込められて焼き殺されるって
かなり重要な・・・。

杉様、太もも素敵です。
ちゃんばらで前がはだけるのが素敵すぎる。

生き別れの息子を庇ってお母さんが死ぬ話だったな。
というか死んだあとで
「あれは嘘だった」って・・・。
結局は赤の他人だったが死ぬ前に
嘘を告げて彼女の心を救うオチか・・・。

「欲ぼけのきちがい」って。
もう昭和の時代劇なんで、放送禁止用語ばんばん!!

結局おじいさんも殺されて生き別れの母と
偽った人も死んでとかなり重い宿命だったな。

第123話 涙で斬った地獄花

大江戸捜査網は10年続いたから内海敏彦さんも
小学生時代の成長記録になってるね。
今回は珍しく大目付のお孫さんという
超セレブな役。

と思ったら、お母さんに「母ちゃん・・・じゃない、おば様」
不思議な会話をする妙な役?

どうやら父親が芸者に産ませた妾の子供で、
でも本妻が病死したから
おじいさまが正式な孫として引き取って
母親と絶縁させられたのか。
だから幼いころの言葉遣いがでてしまうのね。

結局、父がアヘンで麻薬中毒になり殺されて
隠密同心が悪人も倒して
内海くんはおじいさまと母親とどちらを
選ぶかを選択せまられ、

「おじいさま、この4年お育て頂けありがとうございます。
凛太朗は武家の子としてではなく
母と暮らしとうございます。
母ちゃん〜〜!!」

と、おじいさまに頭を下げて
芸者の母のほうを選んで庶民に戻る。

なんかすげぇわ。この人のこと
知れば知るほど好きになってしまう。
こんなにお芝居がうまい天才子役だったのに
どうして引退したんだろう。

もう彼に手紙だせないんで共演者の里見浩太朗さんに
お手紙だそう(かなり本気)。

第149話 必殺剣!辻斬りの恐怖

大江戸捜査網のDVDも買った。
里見浩太朗時代のはスカパーで放送がずっと先なんで。

内海敏彦さん、4年後の作品なんでさらに大人ぽくなってるなぁ。
あらいぐまラスカルしてる頃か。翔大に似ていて切ない。

というわけで見た

内海敏彦くん、今まで貧乏人の役ばかり続いたが
今回はお父ちゃんの2人暮らしの
居合切りの見世物芸人の親子だったが

実は殿様の息子だとわかり
お家再興のため元に戻るお話だった。

最後の若殿様の真紅の衣装があまりに美形ショタすぎて
見ていて転がってしまったが(本当に)
「ちゃん、ちゃん!」と育ててくれた血のつながらぬ父に
涙と鼻水で別れる場面とか
やっぱり素晴らし演技だなぁ。
こんな天才的才能の人が小学生で
引退しちゃったのが本当に勿体ない・・・。

ただ脚本的には2つの話が同時進行で
ガチャガチャした話だったなぁ・・・。吉行和子の若いころの
美貌+へたくそすぎも相変わらずやし
里見浩太朗さんが思ったほど二刀流の殺陣が
この頃は上手くないんだなぁ。
杉良太郎のほうが色気あって殺陣も素晴らしくて
あんまこの時代の隠密同心はパッとしない・・・。

田口翔大くんコグマスカイブルー佐久間小太郎ショタ可愛い

内海敏彦さんの近況などご存じの方いましたら
なんでもいいのでご連絡ください

(書いた日付 2020年5月27日)

田口翔大くんコグマスカイブルー佐久間小太郎ショタ可愛い

玄関に戻る