BD7少年探偵団内海敏彦さんをまったり語る奇跡の天才子役

内海敏彦をまったり語る

内海敏彦さんの近況などご存じの方いましたら
なんでもいいのでご連絡ください

BD7少年探偵団の感想

DVD買った。
わーいわーい(スターリング風に)

ちょうどあらいぐまラスカルやガンバロンの
1年前の小学4年なんで
内海敏彦くん華奢な体だなぁ。
手足が長いの、半ズボンだからよくわかる。

ガンバロンが絶対的主役1人に対して
BD7少年探偵団は7人が
順番で主役なんで(むしろ小林少年の子は
忙しくて不在の時もあるくらい)
内海敏彦くん主役回も多いので楽しみだ!

むしろガンバロンが5人しかいないわりに
キャラ被ってるのに比べ
BD7は綺麗に個性がよく分かれてるとおもうし

小林少年=キャロライン洋子の兄でハーフ

オウム=複数の声を使い分ける。まんま内海敏彦!

トンボ=運動神経抜群の最年少ショタ

ガッツ=声変わりはいってニキビ面がえろい

キカイ=メカに強いメガネ男子

ゴムカン=丸坊主デブショタ

マジョ=紅一点の女子


ここまで個性分かれたら、自分のお気に入り少年が
1人は必ず見つかるよな。
まるでキュウレンジャーのようだ。

1話1話の感想もまた書いていきまする。

さっそく特典映像みた

ぎゃああああああああああああ!!!

内海敏彦くん、肌が白いから
鼻のあたりにすごいそばかす一杯!
めちゃくちゃ好みの顔すぎてツボ!
本当、なんて色白そばかす肌なんだ!!

しかもBD7少年探偵団の撮影中に
お母さんと家庭教師も来ていただなんて・・・!
まだ小学4年なのに家庭教師って
本当にばりばり進学エリート育ちな
子役さんだったんだなぁ・・・。

裏声の話もしているし、すでに小学4年で
声優経験も豊富だから
そういう現場でも達者だったんだろう。
つくづく、彼の軌跡をおいかけるほど
切なくなってしまうなぁ・・・。

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

というわけで3話から感想

面白い

ガンバロンはやっぱり2番せんじだったなぁ。
こっちの方が明智小五郎と怪人20面相という
ベースもありつつ7人の少年探偵団で
絶妙なバランスすぎるよ。

本当の撮影は1番最初だたっという3話から
見たけど、齋藤こずえがゲストだけど
子役の都合で5人しかいないし
やっぱりキャロライン洋子がゲストの話を
第1話にもってきて正解だったかもなぁ。
でも少年探偵団の自己紹介もあったり
「20面相はもう半年も日本を離れている」とか、
1話用で書かれた脚本だとよくわかる。

泥臭いとこも江戸川乱歩の良さを引きずっているし、
誘拐予告される少女が少年に
化けて身を隠すとかも乱歩ぽくてよいねぇ。
まさかの全裸で着替えるシーンあってびっくりだが。

もしかして今どきの子は江戸川コナンが
乱歩と知らないんじゃないのか?
正確にはエドガーアランポーから来てるのも。
ちなみにスターリングの飼っている
鴉のポーもアランポーからなんよね。

内海敏彦くんは腹話術のオウムくんだけど
小さい!!!!!!!!!!!!!!!!!
昨日までガンバロン見てたから
余計、小学6年から4年に若返って20センチは
違うんじゃないのとビックリだよ。
声もめちゃくちゃ高くてなんて綺麗なボーイソプラノ!!

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

4話 前回の続き

さすが!

さすが長坂秀佳!

誘拐されたトンボがなぜか少年探偵団バッチを
2枚ずつ落としていて、これはどういう
理由があるか=実は2枚落としたのではなく・・・。

さっすが長坂秀佳!このあと
江戸川乱歩賞もとった文才だけのことはある。
普通に推理小説で感動しちゃった。

そして内海敏彦すげぇ!!

腹話術の達人、オウム少年だから
色々な人の声になれるんだが
ちゃんと内海敏彦本人がご近所のおばさん風な
声色も演じている!!
思わず爆笑してしまったよ!
既に声優経験も豊富な彼ならではの才能!!

BD7は毎回少年探偵団の誰かが
誘拐や殺されそうになるゲストと恋愛し
でも失恋して別れるんだが
素晴らしい少年向けドラマの甘酸っぱさ。
ガンバロンはなぜ怠けたんだ長坂秀佳!!!

ちなみに少年探偵団って
戦災孤児や乞食など身寄りのない子供を
明智小五郎が引き取って育成している
少年たちなんよね。この話は昭和時代に
リメイクしているが、それでも
親兄弟のない子たちという貴賤も切ないなぁ・・・。

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

それにしてもBD7で改めて実感したが
なんで内海敏彦くん、こんな不思議な髪型なんだろう。
お母さんのこだわりなのかなぁ。
とにかくやたら不思議な髪型も妙に気になる。

5話みた

今回やたら内海敏彦くんそばかす顔だね。ドキドキする。

今回ようやくBD7全員そろったが
子供ばかりなんでやっぱり
依頼者に帰れ帰れと子ども扱いされる。

結構はやくからべたな展開やったなぁ。
「20面相はこの中にいる」で
まさかの明智小五郎が20面相だったって
アクロイド殺人事件を
しょっぱなからやるだなんて!
推理小説好きなら一度はやるよね。アクロイド。

しかも少年探偵団も所詮子供だから
20面相にすぐ手玉にとられるし。
誘拐されたお嬢様とゴムカンたちを追って
団員バッチで連絡したトンボが
まさかのバッチを逆用されてしまい
トンボは捕まるしオウムや小林少年は
違う道に誘導されてしまう。

今回の話、映像特典の裏話で小林少年の
黒沢浩が「お嬢様とみんな握手をして
右手を洗いたくないからしばらく自転車で片手運転するって
演出だけど、1人片手運転でこけてしまい
けがをしてしまった」って、どうみても
オウム内海敏彦やん!!
1人1人でアップになる場面以外の
全員で片手運転のとき、内海敏彦くんだけ
両手もちやし!!!

ガンバロンの頃も運転が微妙だったが
実はあんまり自転車が苦手だったのかなぁ・・・。

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

BD7少年探偵団6話

良い脚本だな!

良い脚本だなぁ!

お嬢様の婚約者と20面相が一度も同じ画面に
いなかったんでそんな気はしたんだよ。
やっぱりそういうオチだったか。
しかもお嬢様を傷つけないよう
BD7の子たちも婚約者の男性は
20面相の変装と告白しないのも切ない。

監禁されていた仲間を助けにきたときの
オウムとトンボの抱き合うのに
メロメロ!!!
元々僕はこの2人のショタ組み合わせが
好みだったんで尚更ツボ!!

トンボの辻くんはバンキッドのラビットだったから
既に知ってるんだけど
(こっちを先に見てるが放送は
BD7より後。なぜか辻くんってこの2本で
すぐ引退したんだよなぁ・・・。
運動神経抜群なのにもったいない)
内海敏彦くんとオフでも仲良さそうなのが癒される。

3、4話=トンボ

5、6話=キカイ

7、8話=予告からのゴムカン?

の片思い話が続くなぁ。次はいよいよ第1話を
見ようっと。本来はこっちが
先に撮影していたのにキャロライン洋子が
ゲストだから放送を優先させたんだろうな。
当時絶大な人気だったようだし・・・。
これはオウムが主役なんで尚更楽しみ!!

オウムは今回も20面相の化けた婚約者の
大人声を演じてるが
つくづくガンバロンのケンダマとは
なんだったのか・・・。武器で一度使ったくらいで
ほとんど意味ないやん!!
役名そのまんまでもよかったのに!!

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

ようやくBD7第1話みた

内海敏彦

大爆死

大主役やんけ。
顔面アップが何度も何度もあるし
そばかす顔だし
セリフも一杯だし
これだけでご飯20杯いけるよ。
メロメロに溶けてしまいそう!!

しかも少年探偵団王道の
UFOと宇宙人の話だし。
20面相が宇宙人に殺されて
20面相以上の敵が現れるというべた。
正体もとっくに気づいてるが・・・。

今回ゲストのキャロライン洋子
めちゃくちゃお兄さんとそっくりやんけ。
ここまで双子くらい似るとはなぁ。
しかもお兄さんの小林少年の黒沢浩も
とうじ15歳なのに声変わりしてない!!!
15才で声変わりしてない!!!!
中学1年で声変わりしてしまった
内海敏彦くんは羨ましかったろうなぁ・・・。

妹の方がずっと売れっ子だったんで彼は
しばらくして子役を辞めて
今は会社社長になっているが
連絡が今もとれるのが羨ましいなぁ。
内海敏彦さん、本当に近況分からないんだもん・・・。

今回の衣装もほとんどパンツ見えてる
半ズボンだし、今回で内海敏彦に
ショタコン爆発しない人いないんじゃないかってくらい
すっごい大主役だった。
ガンバロン全話より目立ってたかも(正直)。

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

というわけでBD7の2話もみよう。
ぶっちゃけ、第1話で子役の子たちが
セリフ言うたび前にでてきて
他の内海敏彦くんとか突き飛ばすように出て
ちょっと内海くんがイラっとするような
表情もありハラハラはしたのだが・・・。
何もあんな学芸会のように1人1人前にでてから
喋る演出をしなくても・・・。

あと、警部役の深江さんとは内海敏彦くん、
マッハバロンで半年共演してたから
ツーカーコンビだなぁ。キャロライン洋子をわざと
誘拐させる警察の作戦に
オウムが警部をにらんでたじろぐ場面とか
2人のツーカーの仲を感じる。
この2年後のガンバロンでも、内海くんが
「えーい、噛みついちゃえ!」と
明らかにアドリブでやってて微笑ましかった。
深江さんが死んで1番悲しんだの
内海くんじゃないかなぁ・・・。

BD7少年探偵団2話

なんだか女ねずみ小僧の少年ねずみ小僧や
大江戸捜査網の裏切者の子守唄なみの
代表作ってかんじ。
めちゃくちゃ切ない話で泣ける!!!

「私の好きな人ってちょうど
オウムくんと同じくらいの身長なんだ」

「照れるなぁ、いまこんなところで
告白されてもオレ困っちゃうよ」

「なんでオウムくんが照れるの。
私の好きな人、いま入院しているの」

「え・・・」

「今度退院したときには一緒にウグイスの
鳴くところを散歩したいなぁ」

キャロライン洋子、鬼畜すぎる。
まったくオウムの少年心を気づかない!

それでいてオウムはオウムで
最後に退院した恋人と彼女が2人でいるときに
得意の腹話術でウグイスをしてあげ、
でも失恋で悲しんでいて
めちゃくちゃ可哀想すぎる!!
思わず見てて泣いてしまったよ!!!!

と同時に少年探偵団は体育レッスンで
アメフトのプロテクター着るのがものすごくえろい。
小学生で小顔の内海敏彦くんは
こんなごついプロテクターつけているのが
無性に色っぽくてエロくて赤面しちゃったよ!!

間違いなく内海敏彦さんの演じた
お芝居のなかで1、2を争う
名作回だったなぁ・・・。
やっぱりご本人は役者経験も豊富だから
声優になっていく自分が
内心嫌だったのかもなぁ・・・。
池田秀一や三ツ矢雄二や日高のり子も
役者としては失敗して
仕方なく声優に進んだ人たちだし
内海敏彦さんの時代は声優=売れない役者って
印象だったんだろう・・・。

あと、結構早い段階で20面相が
警部に変装したんだなぁ。
必ずあるとは思ってたが結構はやくて驚いた。
たしか少年探偵団の誰かに
変装する話もあったような気がするんで楽しみに
しておこう。大人が子供に変装って
色々な意味でツボ。

あと、マッハバロンやガンバロンに比べて
突き抜けて素晴らしいのは
BD7の菊地俊輔の音楽。さすが仮面ライダーや
ドラゴンボール作った人だけあって
非常に軽快で小気味よくて見ているだけで
ワクワクする。音楽の力ってすごい。
とても40年前のものとは思えない完成度の高さだよ。

1、2話の衣装。アメフト姿もえろいが
この衣装あざとすぎない?!!!!

そして、第2話をはじめ何度か登場する
アメフト練習衣装。オウムくんやトンボは
華奢だけに、プロテクターがすごくエロい!!!
まるでダイアポロンみたい。

というか、今さっき気づいたが
ダイアポロンのほうがBD7少年探偵団より
後にびっくりだよ。
それだけアメフトが人気あった時期なんだな。
ダイアポロンはロボット操縦じゃなく
少年が10メートルに巨大化して鎧を装着するという
色々あれすぎるよなぁ・・・。

というわけでOP衣装も描いてみた。
このOPの純白さも素晴らしいんだけど、カメラ回っていて
必死に走りながら帽子も脱いで
キャラクター放棄しているのが最高に可愛い。
昔のフィルムは高価でNG出したらめちゃくちゃ
怒られるから、みんな多少のことは強引に押し切った感じ。

そして後期OPお衣装。視聴率20%越えで
スポンサーが増えてどうみても
乞食身寄りのない少年探偵団とは
大違いの良家の坊ちゃんのような華やかさ!

この頃にはメンバーの区分けが明確になり

知的= 小林少年 オウム キカイ

体力系= ガッツ ゴムカン トンボ

なんで、自然と内海敏彦くんは長ズボンになっていくのが
寂しいなぁ。ガッツなんて中学生で
もう太ももも食い込んで、すね毛はえてるのに
半ズボンなのが羨ましい・・・。

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

BD7第7話

なんちゅう顔や

なんちゅう顔や

めちゃくちゃ面白い顔。やっぱり内海敏彦くんは
深江さんとツーカーの仲だった感じ。
警部の自慢話を聞かされて
聞こえないなぁ〜〜と耳の穴を
ホジホジする動作もめちゃくちゃ可愛い!
こんなに芝居心あるのに引退が勿体ない・・・。

今回は少年探偵団というよりは
マッハバロンやん。
マッハバロン出演者が4人もでているし
団次郎がまんま博士の扮装だし。
スタッフも同じだから
いい意味でグダグダ。

今回はゴムカンが主役だけど、この子、声は
すごく澄んで高いんだよなぁ。
内海敏彦さんと違い、彼は結構長く子役を
続けたようだけれど・・・。

BD7男子の声の高さ

ゴムカン>オウム>トンボ>キカイ>小林団長>ガッツ

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

BD7の8話

村長を殺した罪と少年探偵団と偽った罪で
小林少年やゴムカンたちが
死刑になるんだが、こういうちょっと
気が狂ったような話は
さすがの東條監督だなぁ。
勢いで強引にやってしまう畳み掛ける展開が
ガンバロンの十字架はりつけ
土葬の話に通じるシュールさ。
さすがムルチの話を作った狂気の監督だよ。

内海敏彦くん、今回は後半にちょい出番だけど
やっぱり芝居心あるなぁ!
ゴムカンが今回のゲスト女性に
告白する場面のひゅーひゅーな感じとか
本当に彼って芝居心ある。
僕が宝塚歌劇団で久世星佳さん大好き
だったのも芝居の上手さだったし(今日で誕生日だなぁ。
というか久世さんが内海敏彦くんと
同い年なのを今さっき知ったよ!!!!
僕は昭和40年生まれの人に
恋焦がれてしまう宿命だったのか!!)

オウムは今回ゴムカンの物まね腹話術するんだが
2人とも同じくらいのボーイソプラノなんで
あんま変化かんじなかったなぁ。

あと、トンボ役の辻くんやっぱり
すごすぎるよ。20面相のトリックを見破る
解説役でひょいと棒の上で曲芸で
ある意味、あんたが20面相すぎるよ!!!!!

オーディションでとんぼ返りができる
子を選んだからトンボだけど、とんぼ返りどころか
八面六臂の大活躍!!
たった2本で子役辞めたのが勿体ない〜〜!!

というわけで、今回も衣装分析。
ゴムカンや小林少年が冤罪で殺されそうになる
気が狂った話で、年長3人ばかりで
年少3人はほとんど出番ないんだが、
このブルー一色のシンプルさと、

最後の2分だけの、純白の美しさ!!!
男子でこんなに白が似合うのも高貴な感じで羨ましい。

 

内海敏彦くんあらいぐまラスカルのスターリング奇跡の天才子役

続きはこちら

(書いた日付 2020年7月31日)

BD7少年探偵団オウム&トンボ内海敏彦辻辰行

玄関に戻る